忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

開設1ヶ月前にするべきこと2


前回は独立型居宅介護支援事業所の1ヶ月前の動きを記載しました。
今回はもう少し補足で書き加えてみようと思います。

開設前の弊社を振り返ると、県の申請書類はそんなに時間もかかりませんし、待ち時間が長いですので、あとは実務書類をどんどんと作成していくことになります。

例えば…
実地監査で必要な書類の一例として。
・組織体制図
・勤務表
・専任兼任状況
・管理者経歴書
・平面図
・設備・備品台帳
・定款
・運営規定
・重要事項同意書
・モニタリング
・施設との連携体制
・就業規則
・辞令
・雇用契約書
・研修報告
・新型インフルエンザ予防対策
・感染症・食中毒対策
・苦情処理台帳
・事業計画

などなど…
独立型なのに、辞令なんてと思うかもしれませんが、我が県では、書類はすべてチェックされました。
このような書類は、開所前にできるところからコツコツ作っておけば、監査でも堂々と独立型の主張が伝えれたりします。併設型に比べると独立型ケアマネジャーは不正がでにくいので、監査人もそのあたりよく御存じだったりします。

また、1ヶ月前にできることの一つとして、宣伝をどのように行っていくかという部分が挙がります。本来は事業所番号をいただくまでは、宣伝はしないほうが良いとは思いますが、まずは前職場やお世話になった方には開所についてお伝えしておいたほうが良いでしょう。弊社も小さい独立型ながら、玄関にたくさんの胡蝶蘭や励ましの花束が贈られてきたときの思いは一生忘れることがありません。

またこの時期は、金銭的にも厳しい時期だったと振り返ります。仕事を辞めていて収入がなかったことと、これから利用者さんの依頼があるのかどうかという点。正直なところ、介護業界が成熟して、医療法人、社会福祉法人等が密着している地域では新規利用者さんの獲得は厳しいものがあると思います。定着したネットワークにどうもぐりこんでいくのかが、最大の課題と言ってもいいのではないでしょうか…。

その秘訣はまた違う記事で(^.^)

1ヶ月前はこんなところでしょうか。

PR

開設1ヶ月前にするべきこと

タイトルの語弊があるといけませんので、詳細を記載させていただきます。
開設1ヶ月前というのは「居宅介護支援」の開設という意味合いです。ですので、この時点で、法人格は持っていなければなりません。(介護保険事業を行う場合、法人格が必ず必要です)

弊社の例を挙げますと、4月15日に法人格取得、6月1日居宅介護支援認可という形です。
ですので、法人格を取得したうえでの心構えという記事になります。
ちなにみ、法人格取得については、またいつか記事にしていきたいと思います。弊社の場合、行政書士さんと相談し、株式会社ではなく、税金が抑えられる合同会社という形をとりました。3年になりますが、この形で良かったと思います。会

社を大きくするなら将来的には株式会社への転換もできますし、独立型ケアマネが会社を大きくするということはあんまり想定できないので、合同会社でも十分だと思います。更に補足ですが、独立を考えている方の足止めをしてしまうのが、本当に会社をつくれるのだろうか?という部分だと思います。し

かし、今は新会社法ができていますので、資本金はなくても会社自体はつくるのは難しくありません。弊社は30万円スタートでしたが、行政書士さんいわく、1円からでもできるということでした。更に会社ができるのも弊社の場合、4月はじめに相談をして4月15日に会社の認可が下りました。もっと早くつくることもできるそうです。

会社自体をつくるハードルは高くありません!

ただし、過去の記事でも記載しましたが、新規利用者さんを担当してから2ヶ月は給与が入ってきませんので、食べていくため(または事業所家賃等)のお金は必要となります。そういったことからも実際資本金1円では難しいということになります。
会社をつくるのは簡単、しかし継続させるには初期費用は必要。ということになります。

さて、話が逸れましたが、開設1ヶ月前には既に法人が立ち上がっていますので、やるべきことと言えば、まずは居宅介護支援の申請した書類の修正です。申請につきましては、法人取得後、早急に県届出を行います。今は昔と違い、認可期間が延び、更に手数料も必要となっています。認可期間につきましては「指定を受けようと予定している前々月」に初回を届け出します。

弊社の場合、4月15日に法人認可が下り、その足で揃えていた居宅介護支援の書類を県まで届けに行きました。ですので、4月15日が初回受付日となり、早くてその翌々月の1日に認可が下ります。(6月1日)
※21年当時の弊社が行った流れですので、今後変わる可能性はあります。

1ヶ月前ですと、書類の不備を何度か手直ししながら県に足を運ぶことをしていました。この部分は行政書士等コンサルタントに任せるという手もあると思います。ただ、独立型を目指すケアマネさんですと、居宅介護の申請自体は困難ではないでしょうから、直接足を運び県の方々と連携をとっていると後々いいこともあります。特に実地の監査でも緊張なく行えると思います。

早めに行うことのひとつに「損保加入」があります。結構時間がかかりますので、認可日までに間に合わない場合、誓約書を県に提出しなければなりませんので、できれば間に合わせたいところです。損保会社も色々ありますが、とある有名な介護関連の財団法人を経由すると半分以下の格安になります。これは零細企業にとってかなり助かりました。(ブログの性質上、ここでは掲載できませんが、また開設支援のご縁がございましたらお知らせします)

長くなりましたので、次回も申請以外の「1ヶ月前にすること」をまとめてみたいと思います。

カウンター

プロフィール

HN:
黒子ケア
性別:
非公開
自己紹介:
20年以上業界に関わらせていただき、現在は独立型のケアマネジャー事業に関わっています。中立公正が謳われている独立型という形がもう少し増えれば良いなと思い、参考ブログを立ち上げました。

ブログランキング参加中です♪

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

福祉医療PR

最新コメント

[07/12 芝尾 徹]
[01/27 NONAME]
[05/13 新沼康二]
[08/20 avie]

ブログ内検索

フリーエリア