忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7期目の独立型ケアマネジャー

独立型の現状を簡単に掲載させていただきます。

ありがたいことに1年目から10人ほどのご担当をいただくことができました。
2年目~現在の7年目では、二人のケアマネジャーで45人ほど担当させてもらっています。
(厚労省が設定する減算ぎりぎりの人数を担当すると、弊社の場合は力量不足でパンクしてしまいますので、ちょうど良い人数かと思っております。今の人数前後で維持できればと思います)

独立型さんごとに特色はあると思いますが、弊社の場合、土日と夜間の相談も行っているため「仕事×介護」「育児×介護」の同時進行をされている家族さんからの新規依頼が多いのが特徴です。

開所の頃は地域包括さん等、あいさつ回りをたくさんしていましたが、現在はご家族様等の口コミのみで、新規依頼をいただくようになりました。

上記テーマはメディアも注目しているようですので、介護業界のキーワードのひとつになってくるかと思われます。(弊社でも、ここ3年ほどで、メディアからの取材がすごく増えました)


給与面では、さすがに45人前後なので安定しませんが、子ども3人と介護が必要な義父との同居ができるくらいのやりくりはできています。収入が少なくても、無駄をなくしていけば何とかなるということを感じた6年です。外食もほとんどしませんし、子どもとの遊び場は無料の場所を探すようになりました。それでも、家でみんなで食卓を囲む時間ほど贅沢なものはありませんし、子どもたちは自然の中で遊びをいくらでも作り上げることができることを学びました。おもちゃもたまには必要と思いますが、お父さんがつくるおもちゃにこそ、素敵なコミュニケーションが隠されているように感じます。

話しは逸れてしまいましたが、独立型ケアマネジャーは、儲かるような形態ではありません。過去の記事でも掲載させてもらいましたとおり、儲かるような制度になったとは思えません。
その分、仕事でもプライベートでも、何かしら変化があるかもしれません。

私自身、その変化を感じながら、今も求め続けています。
そのことを感じ続けることができるので、今も独立型をさせてもらえているのかもしれません。
7期目も頑張りたいと思います!!






PR

独立型で6年。事業所更新

独立型ケアマネジャーを開設してから、あっという間に6年が経過しました。
居宅介護支援事業所の事業所更新の案内が県から届き、
7年目を初心に戻り迎えていきたいと思いました。


独立型を経営して、その後の記事がありませんでしたので更新します。


会社として、黒字→赤字→黒字→赤字→黒字→赤字という6年でした。
赤字のほうが税金を納める金額が減るので良いといわれる税理士さんもいらっしゃいます。
が、会社としては、黒字で終えたほうが、頑張った感も出ます。
弊社はジグザグで不安定。まだまだ企業努力が足りないといえます。


7期目の独立型の未来。
これだけ、介護保険制度が揺らいている中、他事業よりも独立型が一番吹き飛んでいきそうです。過去にも記事にしましたが、介護保険全事業中、「居宅介護支援事業所」が一番の赤字。更に全国で1割ほどしかない「独立型」は、もっと厳しい現実があります。

弊社でも、いつまで続けることができるのかは、未知数です。

しかし、街を歩いていると5年前にあった飲食店もいつの間にかなくなっており、新しくなっては潰れるという繰り返し。起業をするということはどんな業界にとっても簡単ではないのだと思います。

だからこそ、楽しい。どこまで頑張れるのか。
私自身、挑戦して失敗することよりも、挑戦しないまま机上で時間だけが過ぎていくことが、もったいないと思ってしまう性格なのです。

20年前の震災でたくさんのモノや友を失い、私は今も生かされています。
この命を大切に、次世代につないでいきたいと思います。

もしも、独立型居宅介護支援事業所がダメになっても、他の道を模索する気力がたくさんあります。その気持ちがあるので、独立型を頑張れるのかもしれません♪








カウンター

プロフィール

HN:
黒子ケア
性別:
非公開
自己紹介:
20年以上業界に関わらせていただき、現在は独立型のケアマネジャー事業に関わっています。中立公正が謳われている独立型という形がもう少し増えれば良いなと思い、参考ブログを立ち上げました。

ブログランキング参加中です♪

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

福祉医療PR

最新コメント

[07/12 芝尾 徹]
[01/27 NONAME]
[05/13 新沼康二]
[08/20 avie]

ブログ内検索

フリーエリア